banner

洗顔石鹸VS洗顔フォーム

洗顔は石鹸より洗顔フォームを使用した方が良いと考えている人も多いでしょう。洗顔フォームの方が潤い成分が多く含まれており、肌に良いような気がします。しかし、昔から使われている石鹸は最近注目されてきており、洗顔フォームのように色々な成分が配合されているものに疑問の声も上がってきています。
洗顔フォームは泡立ちを良くするための成分、防腐剤など様々な化学物質が多く含まれています。洗い心地をよくするもの、保湿成分だって人工的に作られた成分が配合されていることも多いです。良くあわ立つ事によってクッション性が増し肌への刺激は少なくなりますが、逆に化学物質によって肌に悪影響を与える可能性もあります。
一方石鹸はシンプルな素材のみで作ることが可能なため、極力肌に負担が無い石鹸も利用出来ます。更に優しさを求めるなら、植物エキスやアロマオイルなどが配合されたものを使用すると良いでしょう。石鹸は肌の汚れを落すためのもので、潤いはそれ程必要ありません。化学物質が入っていないものを選べば、皮脂を取りすぎることが無いため逆に潤っていると感じられる事もあります。
肌の弱い方は洗顔に石鹸を選んでみて下さい。シンプルに汚れを落とし、その後使用するスキンケアの浸透を良くするために利用しましょう。

コンテンツの続きはコチラ

石鹸の歴史

詳しく見る

石鹸成分の見方

詳しく見る

洗顔石鹸VS洗顔フォーム

詳しく見る

Copyright(c) 肌が弱い人のための洗顔石鹸. All Rights Reserved.